ふんのモンハン日記

モンハンサークルSOCの活動記録です。

ふんのボウガン解説各論*ゼノ=ジィカ改

f:id:FunMu:20200713194705j:plain

ゼノ=ジィカ改を担いでいるところ。 少し冥灯を地味にしたような外観です。 ちょっと無骨な感じです。


ゼノ=ジィカ改の特徴

特徴を説明するのに魂焔の龍砲・冥灯と比較するのが簡単かも知れません。 攻撃力420は冥灯と同じです。 レア度12のボウガンです。 武器会心は0%と冥灯の10%より落ちます。 特殊弾は機関竜弾です。私個人的には傷つけに必要な時間が短い狙撃竜弾(冥灯)の方が好きです。 武器スキルスロットはクラス4が2個と冥灯のクラス3x2よりも大きいです。 この武器スロットに属性攻撃強化をぶち込めるのでとてもスキル構成が楽です。 火炎弾・氷結弾が撃てる中等度火力の通常弾型ヘヴィーボウガンと言ったところでしょうかね。

歴史:アイスボーン以前

アイスボーン以前は攻撃力255と軽めのヘヴィーボウガンで、通常弾Lv3・散弾Lv3・全属性弾が撃てるボウガンという特徴でした。 攻撃力が軽く、属性弾もアイスボーン以前は調合の効率が悪くてすぐに弾切れしてしまっていたためほとんど使わず放置してました。 すいません、ゼノ=ジィカ!  
ゼノ=ジィカの武器コンセプトはその後のエンプレスカノン冥灯に水冷・電気・通常弾が受け継がれ、氷・火炎はエンプレスカノン炎妃に受け継がれ、通常弾はマムガイラ・狙撃に受け継がれて行ったのだと思います。 でも正直どれもあんまりパッとしなかったです・・。 

歴史:アイスボーン以降

アイスボーンになって、魂焔の龍砲・冥灯がとても使いやすくなったので、そのオリジンとなるゼノジィカに期待してたんですが、ゼノジィカ改の出現は、2019年12月のムフェトジーヴァ出現まで待たなくてはなりませんでした。 全属性弾が撃てるボウガンという性質はその後アルバトリオンのヘヴィーボウガン黒翼弩アルバタスに引き継がれて行ったと思います。 アルバタスは攻撃力がとても高く良いボウガンですが、ゼノ=ジィカ改の武器クラス4スキルスロットx2個と比べてクラス2 x2個と少なく、その点は少しまだ使いどころがあるのかなと思ってます。 

ゼノ=ジィカ改の外観

ゼノシーヴァのヒラヒラが付いていて、外見はエンプレスカノン冥灯とそっくりです(歴史から考えると、冥灯がゼノジィカに似てるんですけどね)。冥灯の金ピカ&ブルーのボディをくすんだ焼き鉄色に変えた。ちょっと地味なスタイルです。

f:id:FunMu:20200713194818j:plain

ゼノ=ジィカ改を展開したところ。 冥灯を地味にした。 一言で言うとそういう外観です。



 

弾種の特徴・ボウガンのカスタマイズ

弾種は属性解放無しで6発入る大きな通常弾Lv3の弾倉と、全属性弾を8発装填出来るのが大きな特徴です。拡散弾Lv3は撃てますが撃つ機会は全く無いです。 徹甲榴弾Lv3が使えますが、どんなにカスタマイズしても反動特大で利用価値無しでしょう。 散弾Lv3は撃てない事は無いですが、リロードも遅く反動も大きめで、メインの弾種としては使う事も無いですが、ダウン中に接近して攻撃していって、最後に通常弾が空になった後に2-3発リロード無しで撃ちたいなと思ったときに撃ったりする事もあります。 状態異常弾が減気意外使えないのはちょっと冥灯が恋しくなります。 冥灯でザンレツ使う人結構多いですが、ゼノはザンレツ撃てません。 

f:id:FunMu:20200713173715j:plain

姉妹ヘヴィーボウガン:冥灯との比較


ボウガンのカスタマイズですが、通常弾運用をするのであれば、反動x3 リロードx1 シールドx1 でしょうね。 属性弾オンリーで使うのならば、反動x2 リロードx1 シールドx1  弾重化x1入れるのが良いかも知れませんね。 ガードが不安という場合は反動x2 リロードx1 シールドx2でも良いでしょうね。

f:id:FunMu:20200713173746j:plain

ゼノ=ジィカ改のカスタマイズ表



カスタム強化方法

私はゼノジィカ2本持っていて、通常弾戦用の一本は回復x1 会心x1 属性強化x1 アルバトリオンやマムタロトのような属性攻撃を主体とした戦闘の場合 回復x1 属性強化x2と言う強化をしたゼノを使ってます。 パーツ強化は出来ません。 属性強化の仕組みは以前の記事を参考にしてみてください。

funmu.hatenablog.com

属性強化のカスタム強化がされていないと、属性攻撃強化スキルの上限はLv3で頭打ちになります。 属性攻撃ダメージを伸ばすなら会心を切って属性強化のカスタム強化を入れるのが吉です。

スキルの例

基本的なビルド:

f:id:FunMu:20200713194916j:plain

赤龍防具x5で作った基本的なゼノ=ジィカ装備。護石をキャンプで変更する事でそれぞれの属性に対応出来ます。 このゼノ=ジィカ改は武器会心10%入れていて、通常弾をメインに戦闘し、少し離れてたり的が大きく動いて弱点に当てにくい場合に属性弾を撃つというスタイルの戦闘向きです。基本的な装備は冥灯で作っておき、キャンプでボウガンと護石だけ交換するだけで戦闘準備出来ます。

赤龍装備をメインに置いてます。 冥灯で組んだスキルセットの武器だけを取り替えることで対応出来るので、導きの地のキャンプなどで簡単にビルドを組み替えることができて便利なんです。 私は部位破壊を入れてますが、2スロは痛撃にしても良いかも知れませんね。 解放珠の複合スキルはほとんど生存スキルなんで、私のセットでは跳躍を入れてます。 ガードせずに跳躍回避して撃つ方が戦闘が楽なのでそうしてます。 部位破壊は3個入れると3割増し。部位破壊で攻撃が通りやすくなったり、部位破壊で怯ませたりして飛んでる飛竜などを落とす事が出来るので入れてます。

イヴェルカーナ:

f:id:FunMu:20200713175033j:plain

対イヴェルカーナ戦用のスキル構成

赤龍装備をメインに作ってます。 カーナは一人に集中攻撃してくる事が多いので、ガードし続けてると赤やられが増えたり、リロード中の不意の被弾で属性耐性が十分でないと死亡率が高いので耐氷をつけているのがポイントです。 

ネロミエール: 

f:id:FunMu:20200713175102j:plain

対ネロミエール戦のスキル構成

こちらもイヴェルカーナーと同様、耐水珠を入れてるのがポイントですね。 理由はイヴェルカーナーと同じです。 ネロミエールはブレスをどうやって回避しながらリロードしたり攻撃を維持するかが大事なんですよね。 ブレスの時に向かって左側に飛び込むように回避すると、跳躍x2入ってると回避出来て、そのまま攻撃し続けることが出来るので良いですが、歴戦王では通用しませんね。 ほとんど弾跳ね返しちゃうんで。

マムタロト: 

f:id:FunMu:20200713195204j:plain

マスターマムタロト用のゼノ=ジィカ装備、最終の装備は覚醒武器の熱撃使ってました。 でも今思うと、属性ダメージを入れるために、属性会心のためにラヴィーナ防具を入れるか、会心撃:属性の皇金蛮顎などのセットアップでも良かったかも知れませんね。

マスターマムタロト:エリア2は今は覚醒武器熱撃を使ってますね。 一応熱ダメージが入ると柔らかくなりやすいと言う事もあって、火炎と電撃を交互に打ち込んだりしてるんですけど、もしかしたら属性会心を入れた単一属性装備の方が良いのかも知れませんね。 上位マムみたいに弾切れになるまで戦闘継続すること無いですから、皇金の蛮顎と赤龍装備x5の組み合わせなんて良いのかも知れませんが・・。もう用がないのでサークルメンバー誰も行きませんね。マムも属性を意識させるクエストでしたね。

アルバトリオン: 

f:id:FunMu:20200713175140j:plain

アルバトリオン 両属性対応用スキル構成

アルバトリオンの攻略の鍵は、いかに属性ダメージを入れるかってことですし、戻り玉もつかえないので、無補給の長期戦をどうやって乗り切るかって言う戦闘になります。 なので、全属性弾を撃てるゼノ=ジィカは、クリアーするまでよく働いてくれました。 今はアルバタスを使ってます。 どうしてもヘヴィーでクリアーしたいと言う方にはゼノジィカは良い選択だと思います。 

ムフェトやってないから作ってないって人は、炎妃でも良いのかも知れません。炎妃は会心率が高いので属性会心の付いてるこの装備との相性は案外良いかもしれません。ただ2種類の弾種だとあまり属性攻撃してくれないプレイヤーが一人でも居ると、弾がセーブ出来ず途中で弾切れになってエスカトンジャッジメントで死んじゃうと思います。 そんときは思い切って死に戻りして、弾取ってきましょうね。 帰りに生命保険食って行けば大丈夫w。 
ボウガンプレイヤーと一緒にアルバトリオン行って、2回目のエスカトンは弱体化出来たけど3回目は弱体化出来なかったって時はこの弾切れでしょうね。 ボウガンは角折りが出来なくて属性が切り替わっちゃったときの保険ですよね。 安定してダメージを入れられますが戦闘持続時間はエスカトンジャッジメント3回が限度ですね。 全員が弱点属性で入って、弱体化させた後に角折る戦略だと、単一属性攻撃強化+会心 or 重撃というスキル構成にしても良いかも知れませんね。 属性会心入れてるので、5回に一回ぐらいの頻度でダメージ結構大きいのが入ります。

 

最後に

丁度アルバトリオン開始の時期でタイムリーな原稿だったかなと・・。