ふんのモンハン日記

アイスボーンの良い感じの絵をアップしてる、カメラマンです。

アイスボーン重ね着シリーズ(雄)140

今期最後はEX金色β胴、 ゾークβ脚、ナルガα腕を使ってます。

モンハンの重ね着って、どうしても制作者の国籍を反映しているのか和風な感じな物が多く含まれていますよね。 外国の方には下手に日本人が考えた西洋風よりも、和風の方が受けが良いのかもしれませんね。 今回ラストにフォーカスしたのは、EX金色βですね。 金太郎みたいなちょっと和風テイストのある甲冑スタイルです。 この重ね着今回まあまあまとまってますが、なかなか他と合わせるのが難しい素材でした。 今までも何回もチャレンジしてたんですが上手くいかず・・。  

横から見るとかなり出腹ですね〜

この胴パーツ、西洋甲冑の特徴で腹が丸く出っ張ってるんですよね。 強度を出すための工夫なんでしょうね。 どうしても上半身のボリュームが大きいので、Vシェープを意識してます。 脚はいろいろ考えてはみたんですが、胴の黄色いケバケバを受けるのに、EXゾークベーターの脚でその稲妻ペイント模様を黄色くペイントして見てます。 腕も同様ですね。 ナルガの腕で包帯を黄色くペイントしてトーナリティーを出してます。 で問題は腰パーツなんですよ。 この金色の腹の出具合から脚につなぐにはやっぱりなんか腰パーツに大きな物があった方が良く、少し和風な感じがあった方が良いかなってことでEXガロンαをチョイスしました。 小さなパーツですが、これがキーアイテムだった気がしますわ。

まあ重ね着シリーズの目的は、あらゆるパーツに光を当てるって側面もあるので、今回あまり野良で見ない金色の胴をつかってましたが、どうですかね? あれちと駄洒落風でしたな。

じゃあ戦場で見て見ましょうか?

滅日

ちょっと横から見てますね。ナルガの腕パーツの存在感デカいです。

立ち姿だとギリギリ及第点かなって思ったんですが、戦場に出るとわりと行けてるんじゃないかって自画自賛。 女型の重ね着のゾーク脚だとペイント部分が後ろからは見えない位置にあるんですが、男型のゾークは少し方向が変わると後ろからも見えてなかなかに趣があります。

横向きになってますけど、割とゾークの脚の側面のペイントが見えてかっこよかったりします。 金色胴の赤ペイントも良い感じだったわ。射撃判定が0なのが残念な感じですw

散弾リロード中ですな。女キャラだと顔上向けてる気がするんですが、少し頭下げて背後をうかがってるみたいに見えますね。 あと重ね着の全面が見えてます。少し脚の装飾が多くて太いかなって気もするんですが、まあ男の重ね着の中ではましな方ですな

歴戦王ネロミエール

夜戦で少し上向いてますね。 やっぱり胴の赤色ペイントは正解だったと思います。 

スコープを当ててL2エイム直前なんで体が横向いちゃってますねw。 あんまりこういうポーズは自分では見ないんですけど、横から見ると意外に威勢がよいですな。 脚と腕の黄色のペイントが存在感有ります。

抜刀クラッチ狙い中ですね。壁ドンチャンスじゃわ。 

君はゴールデントロフィー

反動大の徹甲榴弾撃ってますね

順光で見ると、脚パーツの素材感が解ってよいです。ブーツは合成ゴムっぽい素材だし。インナーパンツは鎖帷子っぽい素材ですかね? 堅そうです。

少しカメラ上から見てますね。小さなパーツですが、やっぱ腰に巻いたガロンの和風ベルトが腹回りをきっちり強調してくれて、スタイルよく見えます。

ジンオウガよさらば

夜戦でもしっかり発色してます

散弾で見上げると、カメラが寄ってなかなかによい感じ。

今回でしばらく男型休止する予定だったんですが、最後に一個だけユクモノ腰つかった奴つくったんで、それ上げてから、女性型アバターに移行しようと思います。

その前にもう一つ総括の原稿を書いとこうかな。 今回のシリーズ20セット作ってみましたわけですが、1年間弱の冷却期間があると案外作れるもんですね。 もう一個ぐらい裏シリーズを作っても良いかなとも思いましたが、そちらはなかなか良い感じに出来なかったです。 是非ディアブロ胴とかハイメタル胴とかの途方に迷うようなパーツを使ってやってみたいですわ〜。