ふんのモンハン日記

モンハンサークルSOCの活動記録です。

アルバトリオンに睡眠・麻痺は何発必要?

f:id:FunMu:20200725124531j:plain

アルバトリオン戦で龍活性状態で麻痺撃墜で角折りしてるところ。私狙撃竜弾とか使ってます。

皆さんアルバトリオンやってますか? もう開始から大分たったので、もう終わっちゃって行く機会無い人も多いかも知れませんね。 ただうちのサークルメンバーは、いろいろな武器試したり状態異常を入れて見たりして、もうちょっと楽しく狩れないかやってたりします。

私はいつもアルバダスの全属性弾を使った戦闘をしてるんですが、角折りが結構面倒だという皆さんの意見もあって、ちょっと火力を捨てて、状態異常特化の戦闘システムに切り替えてみました・・。 なんかでもその方がタイム早かったりしてw。 俺の火力は意味無いってことかしらん・・。 でも楽しければ良いよね。

とにかく、アルバトリオン、飛んでる時とっても面倒ですよね。 速く角折りして、脚とかの弱点に集中したいって気持ち近接戦の人は持ってるんじゃ無いかな? 今回のテーマは状態異常で、条件は皆さん弱点特化の皇金会心撃:属性を持ってるって事かな。特に近接の人が多いほど効果あると思います。 まずは飛んでる奴落とすのとっても面倒ですよね。 怒ってたら空中壁ドンも出来ませんし、閃光もだめ、マルチだとけむり玉も無視されます。 で、ボウガン特有の睡眠・麻痺の登場です。

ボウガンの睡眠弾・麻痺弾何発で状態異常かかりますか?

連続で打ち込んで、睡眠Lv2 麻痺Lv2とも7発(少し攻撃受けて手間取ると8発ぐらい)で落ちてきます。 デカいから外すこと無いと思いますが、もちろんどこ狙ってもオッケーです。 できるだけ龍活性状態で飛んでいるときに落としたいですよね、前もって4-5発入れといて、飛んだら落とすってのも良いのですが、結構効果減衰速いみたいで、2-3分経ってしまうと、9-10発必要になるので、弾薬調合分は持ち込んだ方が良いでしょうね。 睡眠で爆弾を4人で置けばすぐ角破壊出来るので、弱点固定が楽です。 もちろん野良じゃ難しいかも知れませんね。 上手くタイミングを合わせたら壁ドンエリアで、寝かせることが出来て、壁ドン角折りも可能かも知れませんね。 それなら野良でも十分行けると思います。

睡眠・麻痺の状態異常は何回かかりますか?

答えは1回のみの様です。 状態異常が2回異常眠らせることが出来れば、2回の角破壊はとても楽です。 でも2回目は私25発ぐらい睡眠Lv2を打ち込みましたが寝ませんでした。おそらく2回目の状態異常はキャンセルされる、歴戦王仕様の様です。 近接の状態異常武器はつまりNGと言う事になりそうです(詳しく検証してませんが、違ってたら教えてね)。 (追記:7/26 どうやら2人でやるとオトモの睡眠攻撃で2回寝るようです。 睡眠耐性がとても高くなると言うだけかも知れませんが、戦術として2回タイミング良く寝かせるのは難しいかもです)

龍状態での角への集中的な攻撃は結構入りやすいみたいで、2クール目は麻痺を入れると角破壊2回目は簡単な様です。 あとは徹甲榴弾を補助的に使うのが良いでしょうね。 アルバトリオンの攻撃は頭の位置が固定されることが多いですし、羽根があまり頭にかからないので、頭に徹甲榴弾を乗せるのは比較的楽かもしれません。

麻痺や睡眠を入れる事によるメリット

強弱点特性弾の節約

実はボウガンで最も厳しいのは属性弾弾切れ状況です。 ズーッと火力の高い属性弾を撃ち続けると、弾切れでその後戦闘不能になってしまいます。 状態異常弾は結構弾数も少ないし、リロードが時間かかったり、弾薬調合などいろいろ面倒な操作が必要で、その間属性ダメージはでないのですが、どうせ属性弾弾切れになるぐらいなら、そういう状態異常で攻めていくというのもアリかなと思います。 後で乗せているスキルで使っている、マグダゲミドなどは火炎弾1種しか撃てませんが、4人で戦闘すると戦闘が10-15分で終わるので、火炎弾結構最後まで余りました。 ボウガンは持ってるけど、アルバトリオンのためだけに炎妃を作りたく無いって人は是非、状態異常も使って見て下さい。

空中浮遊時間の短縮

空飛んでる時間は本当に無駄で、キッチリ落として戦えばある程度ダメージも入り、属性ダウンも取りやすかったりします。 ボウガンも飛んでる間は、弾の多重ヒットが難しく、ダメージは半減です。 飛んでる奴に無駄弾は撃たずが良いでしょう。

その他の状態異常 減気・毒

減気や毒はかけられますが、どのぐらい効果あるのかまだあんまり経験少ないです。 またいつか報告して見たいです。 空中飛んでる時間が短くなってくれると有難いですよね。

最後に今回使ったボウガンのスキルを紹介

宵の恒星:氷属性弱点時

f:id:FunMu:20200725131730j:plain

冥灯を使ったシステム

今回冥灯を使って見ました。 

funmu.hatenablog.com

属性弾が種類なんで、火属性活性状態の時は次点の水で、龍状態の時は、睡眠、その後は結構電撃が攻撃通るので電撃に切り替えると良いでしょう。 いつもは、第3属性弾用に滑空の装衣に属性攻撃珠x2を入れて戦闘するのですが、その分が不要になるので、ここは思い切って達人をいれて全体の会心系火力を上げるのが吉です。 皇金の会心撃装備を持った人が多いと、一挙に火力が高まり、かなり速く属性ダウンを取りに行けます。 弾種が少なくなった分、達人の煙筒を持ち込めるというメリットは大きいでしょう。

明けの死星:火炎属性弱点時

f:id:FunMu:20200725132226j:plain

マグダゲミドを使った、状態異常特化、火炎単種類属性弾攻撃


マグダゲミドは火炎弾単独です。 

funmu.hatenablog.com

なのでその他は逆恨みにつぎ込んでます。 回避に自信が無いようなら、回避距離を2個入れるとかなり回避が楽になるので入れて見ると良いでしょう。 このシステムだと冥灯同様、達人の煙筒が使えます。 そして、睡眠、麻痺の2クールで、角破壊がとても楽になります。 一回属性ダウンを取ったらその後は徹甲榴弾によるダウン狙いか、通常弾Lv3による角破壊。龍属性に移行したら、一周目は睡眠、2周目は麻痺で角破壊で3回の属性固定が可能でしょう。 属性弾戦と状態異常戦を組み合わせるために、結構火炎弾の消費は少なく、15分ぐらいの戦闘なら残弾半分ぐらい残して終われます。